Steamで自作ゲームの実績対応とリリース準備

Steamで自作ゲームの実績対応とリリース準備

Steam向け自作ゲームのリリース準備が整ったので、ここで実績対応とリリース準備に関して、参考にさせて頂いた記事やその他の情報を備忘録的にまとめてみる。

そもそものSteam開発者登録については以前の記事を参照されたし。

Steamで自作のゲームをリリースしたい
(2018/12/15 追記) 個人デベロッパーの端くれとして、Steamで自作のゲームをリリースしたいという野望がある。 その野望は以前から持っていたのだが、個人でリリースする方法を調べた2016年当時は、Steamで自作のゲ...

 

自作ゲームのSteam実績システム対応

実績システムに対応するための手順はおおよそ以下の通り。なお、自作ゲームはUnity製のため、アプリ側の対応についてはUnityでの対応方法になるのでご了承を。

  1. WEB側の対応: Steamworksの実績の設定ページで実績を設定する
  2. アプリ側の対応: 必要なPackageのインポートとコーディングをする

それぞれ参考にさせて頂いた記事を紹介する。

WEB側の対応: Steamworksの実績の設定ページで実績を設定する

参考にさせて頂いたのは以下の記事。画像入りでより詳しい情報がまとまっている。特に難しい点はないと思われる。

【ワンポイント】
参考にさせて頂いた記事では実績の前にStats(データ)を設定しているが、Stats(データ)の設定は必須ではない。各々の実績の仕様に合わせてStats(データ)を使用するかを判断するべし。

アプリ側の対応: 必要なPackageのインポートとコーディングをする

参考にさせて頂いたのは以下の記事。画像入りでより詳しい情報がまとまっている。

【ワンポイント】
記事内の最後にあるSteamStatsAndAchievements.csのソースコードも大変参考になるので見ておいて損はない(というかSteamStatsAndAchievements.csをカスタマイズするだけでなんとかなる)。特に「SteamUserStats.ResetAllStats(true);」は、テスト環境で実績をリセットするために必要なので覚えておくことをオススメする。

 

Steamストアページの準備と審査

Steamでリリースするためにはストアページを準備し、Steamの審査に合格する必要がある。

準備するのはアプリの説明文やスペック情報、アイコン画像等いくつかあるが、Steamworks上で必要項目のチェックリストがあるため、特に難しい事はないと思われる。また説明文等の言語は、日本語オンリーで全く問題はない。

ストアページが完成したらSteamに提出し、レビュー待ちの状態になる。レビュー期間はおよそ2~5日間で、審査の結果はメールで送られてくる。

より詳しい事は以下の記事を参考にされたし。

【ワンポイント】
ストアページで必要な「アプリのプレイ動画」について、私は OBS Studio でプレイ動画を撮影し、Blender で動画編集を行った。どちらも無料なので動画制作環境が無い方はご参考あれ。

 

ビルドのアップロードと審査

ストアページとは別にビルドの審査が必要になる。ビルドの提出は、ストアページを審査に出してからでないと行えないため、ストアページを先に準備すると良い。

ビルドのアップロード方法と審査を受けるまでの手順は以下の記事を参考にされたし。

ビルドのレビュー期間はおよそ2~5日間で、審査の結果はメールで送られてくる。

 

ストアページとビルドを審査に出して承認されれば、晴れてSteamで自作ゲームをリリースができるようになるが、ストアページが最低2週間「近日登場」として公開状態でなければならないため、その辺も考慮してリリース日を設定すると宜しい。

以上、Steamの実績対応とリリース準備についての備忘録情報をお送りした。

あぁ……先駆者の方には足を向けて眠れない。

コメント